粗利率を高める工夫

こんにちは。
ビジョンとお金のナビパートナー®
原淳子です。

 

仙台に来ています。
昨晩は登米という
仙台からさらに北へ行った場所で
美味しいお寿司を
カウンター席でいただきました。

今日は粗利率を高める工夫について
考えてみたいと思います。

飲食店の粗利率は70%
つまり原価率30%
と言われています。

ただ、同じお寿司屋さんでも
回っているお寿司屋さんと
板さんが目の前で握ってくれるお店では
粗利率も異なります。

当然に、
板さんが目の前で握ってくれる
お寿司屋さんの方が
粗利率は高くなるでしょう。

その理由は・・・
食材が違う
下ごしらえから手間のかかり方が違う
熟練の腕による味付け、握り方が違う
食器や調度品が違う
など
いろいろあります。

さらには・・・
板さんが作り出す
その時間、その場、その空気感が
全然違うのですよね。

昨晩訪れた「氏金」さんは
この、
さらには
の部分で格別でした。

一品ずつ丁寧にお料理が出てきて
その期待値以上の感激を
味わうことができます。

お酒でいい感じに場が温まってくると
大将から繰り出される
楽しいトークによるおもてなし。

このホスピタリティにより
お食事がより美味しくなり
リピーターが増え、
紹介が増え、
粗利がどんどんと上積みされて
いくように感じます。

粗利を高めるポイントは
・価値を高める
・価値を伝える
・価値を届ける
に細分化できると思います。

いくら価値を高めても
お客様が選んでくださらなければ
粗利は生まれません。

なので、価値を伝える工夫が
必要なわけですね。

そしてそれを
しっかりとお客様に届ける。

この3拍子をしっかり揃えて
粗利アップを目指したいですね。

さて、みなさんの場合は
どんなことが考えられますか?

今回の宿題は
「あなたのビジネスの
価値の伝え方、届け方を考える」
です。

ぜひ、しっかり考える時間をとって
しっかり脳に汗かいていきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
\脱☆ドンブリ経営大作戦!/

■7日間無料メール講座の登録はこちら
https://76auto.biz/j-philosophy/registp/entryform3.htm

\『ドンブリドン通信』メールマガジン/

■メールマガジンの購読登録はこちら
https://76auto.biz/j-philosophy/registp/entryform4.htm

ビジョンとお金カテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。